<< 消費税増税の際、軽減税率導入はやめるべきだ | main |

入場料のかかる書店を体験した!

先日、所用があって東京へ出かけた。久しぶりの東京出張だったが、都心エリアはあらゆるところで再開発が行われており、2〜3年程訪れていないと街並みが随分変わっていることがあり驚いてしまう。銀座周辺は言うに及ばず、渋谷駅〜代官山、日比谷、品川駅〜高輪新駅、虎ノ門・・・など、私が知っている場所だけでも10箇所くらいは挙げられそうだ。
2020年オリンピック開催に向けて、都市機能のさらなる向上を図る東京は、常に進化し続ける日本の首都として少し誇らしい気分にすらさせてくれた。

噂の有料書店『文喫』を見つけた

所用を終えた私は、赤坂見附から六本木周辺までゆっくり歩きながら都心の街並みを散策することに。特に目当ての場所があるわけではなかったが、ランドマークの六本木ヒルズもしくは東京ミッドタウンあたりを目指して冬の寒空の中を40分くらい散歩した。
六本木交差点付近まで歩いてきて、どこかでお茶をしようとスターバックスなどの喫茶店を探していた時、ある店の前で足を止めた。
かつて青山ブックセンターがあった場所に「文喫」という名の小洒落た書店が営業していた。
そういえば、あるインターネットラジオ番組で経済評論家の伊藤洋一氏が、『入場料を取る書店』が昨年12月六本木にオープンしたことを紹介していたなぁ、と思い出した。入場料はなんと1,500円である。

高級ホテルのラウンジで飲むコーヒーより高い!?

書店に入るのに入場料1,500円を払うのは正直抵抗はあったが、確か伊藤氏がこの書店内ではお茶やコーヒーが飲み放題であることを話していたので、「喫茶店の代わりにもなる!」と思い切って入店することにした。コーヒー代としては高級ホテルのラウンジより高額だが、真新しくて話題性のある有料書店を体験してみたいという好奇心が勝った。

「文喫」のホームページによると、

“本と出会うための本屋” がコンセプトの同店であり、1,500円の入場料を支払えば9時〜23時の営業時間中は何時間でも滞在でき、ドリンクは飲み放題。別途料金で軽食フードを提供する喫茶室を併設しています。
人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売します。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室(会議室)なども完備した長時間滞在型の書店である。
と説明している。

興味本位で入店したわけだが、雑誌棚が並んでいるエントランス(雑誌コーナーで少し立ち読みするのは無料!)で、入場バッジを受け取ったら有料スペースへ入店する。
まずは店内がどんな構造になっていて取り扱う書籍はどんなジャンルがあるのかや、閲覧スペースはどれほど快適そうか、一般的な書店とはどう違うのかなど全体の雰囲気を確認するために歩き回った。そして自分の気に入りの場所を見つけるという手順になる。  開放的な店舗内は「有料なだけに一日中じっくりと快適に本を選ぶことができる!」と感じた
珈琲や煎茶はおかわり自由で、小腹を満たす食事も用意されるので、ありきたりの喫茶店で長居するより、ゆったりと優雅な時間が過ごせるこんな有料書店(本を購入しないのなら有料図書館とも言える)もありなのでは!と個人的には思った。
”本と出会うための本屋” というコンセプト通り、これまでにない本との出会いがこの有料書店にはあるのかもしれない。

アマゾンで簡単に書籍を購入できる時代に、書店の存在意義は?

アマゾンを利用すれば簡単に本を購入することができるし、目当ての本以外にも関連する書籍や読者レビューなどの情報が広範囲に入手できる様になった今の時代、書店でゆっくりと本を探すことは非日常なことになってきた。
書籍や雑誌などの出版物の販売額が年々右肩下がりの中、一部の書店は展示ブース併設やカフェとのコラボレーション、地元の催しなどと絡めた体験型の店舗作りで工夫を凝らしている。

私は、名古屋市内にある「ららぽーと名古屋みなと」の蔦屋書店を時々訪れるが、店舗はスターバックスコーヒーとコラボレートしており、趣味性の高い雑貨店やメガネ店も併設されて洒落た雰囲気がある。テーブルやソファー席はもちろんのこと、PC作業ができる快適なワークスペースカウンターが充実している。
購入したコーヒーをソファーで飲みながら、様々なジャンルの書籍(アート系、インテリア、自動車関連、歴史物などが充実している)を自由に手にとって眺めることがこの上なく楽しい。

蔦屋書店はもちろん入場料はかからない。では、蔦屋書店と有料書店の「文喫」はいったいどこが違うのか。
私は違いを上手く表現はできないが、非日常的な体験ができること、つまり「普段と違う時間が過ごせる空間であること」にその違いがあるように感じた。


有料書店は、せっかちで忙しい人には受け入れられない

入場料1,500円の書店は広く受け入れられるだろうか?目新しさや好奇心で訪れる人以外に、リピーターやビジネスユース利用での定着が、この有料書店が継続できるかどうかのポイントになると予想する。
一つ言えることは、ケチで時間に忙しい人が多い名古屋や大阪では、入場料のかかる書店はまず受け入れられないだろうなぁと、少し残念な気持ちがした。

at 23:00, gmoneylife, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.greenmoneylife.com/trackback/979187