<< 人生100年時代といわれる中、若者は平均寿命まで生きるつもりはない!? | main |

放置された銀行預金「休眠口座」は国に没収されるのか!?

休眠預金活用法が成立!

10月12日付の日経新聞にて休眠口座に関する記事が掲載されていた。
日本では既に2016年末に休眠預金活用法が成立しており、10年以上にわたって取引がなく放置された預金すなわち「休眠口座預金」は、2019年から預金保険機構などを経由してNPO法人などの公益活動を行う社会団体へ助成されたり融資されたりしてその資金を活用できるようになった。

いよいよ来年1月から、10年以上放置された預金が社会事業に活用されることになるが、これまで銀行が管理をしてきた休眠口座が、法律にしたがって、国が管理することになる。
記事でも言及されているが、潜在的な休眠預金は現在約6,000億円で対象の口座数も6,000万を上回る見通しであることには驚いてしまう。

自分の預金が休眠口座になってしまったら?

預金者本人が気付かなければ、預金の権利は国に移ってしまい、口座を保有する銀行に申し出をしなければ手元に戻らない。
だからこそ全ての国民は注意をする必要がある。日本国内の成人のほぼ全ては、銀行口座を持つ預金者なのだから。

念のために補足しておくと、休眠預金は国が完全に没収するというわけではない。預金は預金者の個人資産であり、国は憲法で守られている財産権を侵害できない。よって、預金者はいつでも請求をすれば払い戻しは可能である。
請求手続きは、通帳や口座番号など過去の取引を確認できる書類を用意して、金融機関の窓口に問い合わせをすればいい。通帳や印鑑、免許証などの本人確認書類を持参すれば、窓口での手続きは比較的スムーズに済んで預金を引き出せるだろう。長年放置していた銀行口座のため、万一印鑑を紛失していても改印手続きをすれば大丈夫だ。

ただし、請求手続きは預金者本人が申し出る必要がある。口座開設時に届け出た住所が引越しにより変わっていても、登録住所を変更していない場合は多いだろうし、そもそも本人がどの銀行に預金していたかを忘れてしまったりしていると預金を取り戻すことは難しい。本人が高齢になり認知症で思い出せなかったりすれば尚更だ。本人が休眠預金の存在に気付かなければ、預金を失ってしまったことと同じである。

休眠預金が公益や社会のために有効活用されるのなら・・・

金融庁の試算では、現在6,000億円程ある休眠預金の残高は、払い戻し要請がある分を差し引いても毎年600億円前後増加しているとのこと。預金大国日本の眠った資産が公益活動に活用されることはとても有意義であるが、この資金が少子化対策などの社会保障の一部に充てられる程の財源規模として少ないことは残念だ。

休眠口座の資金が公益活動に有意義に使われるのであれば、個人的には少額の預金(数千円程度なら?)をあえて手続きをしてまで払い戻すことはしないかもしれない。



at 13:51, gmoneylife, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.greenmoneylife.com/trackback/979184