<< 景気後退はいつまで・・・ | main | 不動産特定共同事業法とは >>

サムライ債について

サムライ債について皆さんはご存知でしょうか?
定義をいえば、外国企業あるいは外国政府・国際機関等が、円建てで日本国内で発行する外国債券です。
尚、為替リスクのない円建て債券であるが、発行体の信用力に応じて、日本国債の金利よりリスクプレミアム(上乗せ金利)がつきます。

さて、先週リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破たんしたことで、同社発行のサムライ債がデフォルト(債務不履行)となりました。サムライ債のデフォルトは2001年12月のアルゼンチン債以来、6年9カ月ぶりとのこと。発行残高は5銘柄・発行総額1950億円。複数の起債関係者によると、リーマン・ブラザーズが保有する全体の資産残高がはっきりしないため、サムライ債がどの程度弁済されるのか、現状では見通しがはっきりしないようです。

リーマンのサムライ債は、主に機関投資家や金融機関向けであったため、個人投資家が、今回のデフォルトで被害を被るケースはないと思われるが、かつて運用難で困っていた地方銀行等が、大量にリーマン債券を購入しているとの観測もあり、これからの決算発表・業績見通しにて多額の損失計上を迫られることになるでしょう。

さて、米シティグループが、9月10日から9月29日までの募集期間で、日本の個人投資家向けにサムライ債を発行し、3150億円を資金調達するとのこと。サブプライム損失の傷が癒えない欧米金融機関にとって、手元資金の確保は緊急課題であり、金利水準が諸外国と比べて低い日本での資金調達は、多少のリスクプレミアムを払っても、シティにとっては有利な条件だろう。

利回りなんと「年3.22%」

ちなみに、ムーディーズの格付けではシティはAa3で日本国債と変わらない。個人向け国債(5年固定)の利率は0.99%(税引き前)だから、比較にならないほどの好条件だといえます。
でも、今回のリーマンショックを考慮すれば、3.22%(税引き前)の利回りが本当に魅力的かどうかは判断が難しいですね。万一シティが経営破たんすれば、りそくはおろか元本カットもあり得ます。

at 01:52, gmoneylife, -

comments(1), trackbacks(0), -

comment
モグモグ, 2010/12/15 3:20 AM


後ろもこんなに気持ち良かったんだなww
舌入れてきてゾクゾクッッと震えが止まらなくて失神してたわ(汗
目が覚めたら俺の息子をパックンチョ!ご褒美に中にドックンですわ(^o^)
http://tm0n1lc.yes.snapknap.com/










trackback
url:http://blog.greenmoneylife.com/trackback/979164