<< 人気の投資信託は要注意?! | main | 株式譲渡益の確定申告 >>

熟年離婚と年金分割

先日、ある50代後半の主婦の方からご相談を受けていて、年金分割制度に関する話題になりました。この相談者の方は、すでにお子さん達は経済的に独立していて、まもなく定年を迎えるご主人と二人暮らしなのですが、ご自身の今後のライフプラン・老後生活を考える上で、仮に年金分割制度を利用した場合、離婚時の年金取り分はいくらになるかということが最大の関心事のようでした。

この制度のスタートを待つ多くの「離婚控え組」がいると世間では言われていますが、“夫の年金を無条件で半分受取れるのでは?”と誤解している人が多いようです。今年(2007年)4月から始まる年金分割制度のポイントは以下の通りです。
●年金の分割割合は「任意分割」として世帯主の夫と話し合いで決める(最大で5割まで)
●分割の対象は、婚姻期間中の夫の厚生年金や共済年金

上記の話し合いで分割割合がまとまらなければ、家庭裁判所に申し立てをして、調停や審判によって割合を決めることになります。

尚、任意分割制度とは別に、2008年4月からは「強制分割」制度が始まります。対象は2008年4月以降に離婚した専業主婦(主夫の場合もあり得ますが)の世帯で、分割割合は自動的に折半となります。但し、折半の対象となるのは2008年4月以降の厚生年金(共済年金)の加入期間に限られます。したがって、それ以前の期間は任意分割の対象になるので、話し合いや調停が必要になる点に注意が必要です。

「年金分割」は、専業主婦である女性の年金受給権を擁護する制度であることは間違いありませんが、そもそも分割で受取る年金額だけでは、離婚後の老後生活を賄えるケースは少ないですし、年金分割しても、妻自身が年金の受給要件を満たしていなければ年金はすぐには受給できません。なぜなら、年金分割とは、過去に夫が払い込んだ厚生年金(共済年金)の保険料の一定割合を妻が納めたことにする制度だからである。仮に離婚を決意して、この制度を活用するのであれば、分割後の受給額を把握すると同時に、ライフプランニングをしっかりと行うことが大変重要です。また離婚すれば、夫が先になくなった際の遺族厚生年金は受給できないことも留意する必要があります。

at 01:26, gmoneylife, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.greenmoneylife.com/trackback/452924