<< 「土地の有効活用」について | main | 資産運用 2つのアプローチ >>

生命保険の相談は無料が本当にいいか?

「生命保険の見直し」をしませんか?というセールストークで、保険会社営業職員や保険代理店、はたまた保険屋FP等からさまざまな広告・ダイレクトメールを見かける機会が多くなりましたが、一般の生活者である皆さんは、必要な死亡保障や病気ケガへの備えなど、生命保険の活用について、彼らを本当に信頼して相談依頼することができるでしょうか?

当然のことながら、彼らの目的は、新規で保険を販売することです。仮に相談をした結果、現在加入の保障内容で必要十分である場合や、保障額が過剰な場合は新規加入や、保障の増額がないため(保障額の減額はありえますが)、新規の保険販売は発生しません。彼らはお客様に相談料を請求することは通常ありませんから、新規の保険販売がなければ、そのお客様からは売上がゼロです。そこで、契約の転換や他社商品への乗換えなどを、様々な理屈やメリット(?)を強調してお客様に新規契約を働きかけるケースが多いのです。

私が生命保険相談のお問い合わせを受けする際に、有料相談である旨を伝えると、相談を見送られる方が少数ですがおられます。相談される側からすれば、相談が有料より無料の方がいいようですが、営業職員から不必要な保障の増額や契約転換などを勧められて契約をして、結果的に余計な保険料を長期間に渡り支払うことになれば、無料相談の方がずっと高い買い物になることでしょう。
本当に信頼できる独立系FPから、ライフプランに基づく必要保障額の見積もりや、保険商品の選択のアドバイスを受けることができれば、2万円前後の相談料(FPオフィスKの平均的な保険見直し相談料)は、「格安!」だといえるでしょう。

at 01:57, gmoneylife, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.greenmoneylife.com/trackback/343303