<< 投機から投資へ! | main | 固定資産税に消費税?! >>

リビングニーズ特約を再考

生命保険の見直しのご相談をよくお受けするのですが、終身保険や定期保険に特約として付加する「リビングニーズ」について十分に理解していないご相談者が多いのが実感です。

皆さんご存知の通り、「リビングニーズ特約」とは、自分を契約者および被保険者とする生命保険などの主契約に付加する特約で原因に関係なく医師から、余命6ヶ月と診断された場合に、死亡保険金の一部もしくは全部が支払われるというものです。リビングニーズ特約で受け取る保険金の使用用途は制限されません。例えば、世界一周旅行や高額品の購入に使うなど契約者の思うがままに保険金を使うことができます。
また、重要なポイントである税務上の取扱いですが、この特約によって生前に受け取る保険金は非課税扱いです。この特約についての保険料は不要であるため、多くの方は、ほとんど意識なしに特約を付加しているのが実際だと思います。

リビングニーズは実に便利な特約でメリットだけが強調されますが、被保険者が実際に亡くなった時、すなわち相続が発生した時に慌てるケースがあることも事実です。それは、「被保険者(被相続人)が生前に受取った保険金を使い切る前に亡くなってしまう場合」です。使い切ることができずに残ってしまった保険金は、相続税の対象になります。

通常、死亡保険金は「みなし相続財産」として相続税の対象になりますが、相続時には下記の通り非課税枠があります。

(500万円×法定相続人の数)
仮に、相続人が配偶者と子二人いた場合は、500万円×3人= 1500万円が非課税となります。

ところが、リビングニーズ特約の保険金には、この非課税枠は利用できません。 従って、給付を受けてから実際に相続が発生するまでに使い切らないと、残ったお金は被相続人の預貯金や現金として相続財産に加算されてしまうのです。

便利な特約ですが、生前に受取る保険金の使い道をどのようにしたらよいかを、保険加入時に想定しておくことも大切ですね!

at 00:19, gmoneylife, -

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://blog.greenmoneylife.com/trackback/217814